品種名「いのちの壱」と登録商標「龍の瞳」

 原則として種苗法で登録された品種の名称は、同じ名称で商標登録ができません。そこで、種苗法で品種名を「いのちの壱」の名称で登録(登録番号第14297号 2006年7月)しました。商標登録は、「龍の瞳」として登録しました。そして、種苗法登録1年後(2007年)、今井隆は種苗法における「いのちの壱」の育苗者権を放棄しました。従って、2007年以降、日本国内において品種名「いのちの壱」の稲は、誰が栽培しても、販売しても自由になりました。しかし、品種名「いのちの壱」は変えることができません。稲固有の名称です。結果、多くの栽培者が、「いのちの壱」の美味しいお米の生産に励んでおられます。但し、商標「龍の瞳」の使用は、現在も「株式会社 龍の瞳」の許諾を必要とします。

 

龍の瞳公式ホームページ

  ショップサイト https://www.ryunohitomi.jp
コーポレートサイト 
http://www.ryunohitomi.co.jp